猫背は胸に悪影響!姿勢を良くしてバストアップ

猫背はバストアップの敵!

背骨

 

猫背の人はバストアップできない!
というと大げさに聞こえるかもしれませんが、実際に大きくなりにくい状態です!

 

猫背は胸を大きくするのに、悪影響しかありません。
バストアップしたいなら、姿勢を正すことは必須と言えます!

猫背だとバストアップできない理由

たかが姿勢って思うかもしれませんが、姿勢はバストアップと大きな関係があります。
姿勢が悪いと、胸が育たないどころか胸が縮む原因にもなってしまいます!

 

肩こりでリンパの流れが悪くなる

背中が丸まって、肩が内側に入ってしまっているのが、猫背の姿勢ですよね。

 

意識して猫背になってみると分かると思うのですが、あの姿勢ってすごく肩や首がこります!
姿勢が悪いと、筋肉に負担がかかって緊張状態になってしまうのです。

 

胸を大きくする働きのある女性ホルモンは、どうやって胸に届くか知っていますか?
女性ホルモンは、脳からの命令で卵巣から分泌された後、リンパを通って胸に届きます。

 

肩や首周りにはリンパや血管がたくさん通っています。
だけど肩や首がこっていると、そこで循環が止められてしまうんですよね。
結果、胸に栄養が届きにくくなって胸が大きくならないのです!

リンパは老廃物を流す働きもあるので、胸の老廃物も流れにくくなってしまいます。
老廃物が溜まっていると胸の血行が悪くなる原因になります。
栄養が胸に届きにくいだけではなく、せっかく届いたとしてもすみずみまで行き届かなくなります。

 

胸の土台である大胸筋が弱る

猫背の姿勢のときって、胸のあたりのお肉が緩んでいる感じがありませんか?

 

姿勢を良くしているときと比べると、たゆんたゆんになっていると思います。
その状態だと、胸を支える大胸筋が使われていません。
筋肉は使用しないとどんどん弱っていってしまいます。

 

大胸筋が弱ると、胸を支える力がなくなるので、垂れたり、離れたりしてしまいます。
形が悪くなった結果、さらに胸が小さく見えてしまいます。

正しい姿勢を知ろう!

正しい姿勢

 

正しい姿勢ってどんな姿勢だと思いますか?
ピンッと背筋を伸ばした姿勢?いいえ、違います。

 

正しい姿勢とは、身体が楽にキープできる姿勢のことなんです。

 

正しい姿勢のチェック方法

正しい姿勢は、壁と姿見があれば簡単にチェックすることができます。

 

1.
まず姿見の前で、かかとを壁につけた形で立ちます。
次に、ふくらはぎ、おしり、肩甲骨、後頭部も壁につくように立ちましょう。
両手は足の横に自然に降ろしてくださいね。

 

2.
この状態で姿見を見たときに、耳、肩、中指、くるぶしが一直線になっているか確認してください。
一直線でない部分=歪んでいる部分なので、一直線になるように調節してみてください。

 

3.
同時に、背中のウエスト部分の開きもチェックしてください。
腹筋が弱っていると、ウエスト部分に大きなスペースができてしまいます。
ベストなのは、手のひら1,5枚分くらいのスペースです。
それ以上空いているときは、腹筋を意識してスペースを狭めてくださいね。

 

このチェックを朝晩の2回し続けることで、身体が正しい姿勢を認識していきます。
効果が出るまでには個人差があるので、3ヶ月くらい続けてみてくださいね!

 

時間はかかるかもしれませんが、姿勢の改善を行ってからバストアップに取り組んだ方が、結果的に効果が早く出ることになります。
猫背の人は、まず姿勢の改善から!
焦らずにいきましょう^^

 

 


胸を大きくするサプリの選び方ガイド|人気サプリを比較のTOPへ